コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木潤之介 ささき じゅんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木潤之介 ささき-じゅんのすけ

1929-2004 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和4年7月16日生まれ。46年一橋大教授。のち神奈川大教授をへて,平成7年早大教授。専攻は近世史。18世紀半ばから明治初めまでの社会の変動を,世直し状況の時期としてとらえ,幕末社会史を研究。昭和57年教科書検定強化に対抗して発足した社会科教科書執筆者懇談会の代表世話人をつとめた。平成16年1月23日死去。74歳。秋田県出身。東大卒。著作に「幕権力の基礎構造」「世直し」「幕末社会の展開」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木潤之介の関連キーワード慶安御触書萩原鐐太郎天明の打毀寺沢元三郎江戸時代江戸幕府町方騒動農民騒擾阿仁銅山百姓一揆血税一揆梅村騒動幕藩体制佐野政言黒川金山田沼意知印子金打毀軍役

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android