コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木省吾 ささき しょうご

1件 の用語解説(佐々木省吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木省吾 ささき-しょうご

?-1919 幕末-明治時代の教育者。
生地の安芸(あき)(広島県)で儒者末田重邨(じゅうそん)にまなぶ。広瀬旭荘(きょくそう),柴秋村(しば-しゅうそん)らとまじわり,詩文をよくする。家塾遷革舎をひらき,明治2年同舎を小学校とする。のち郡視学をつとめた。大正8年8月3日死去。名は熊。字(あざな)は士璋。号は星峡。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木省吾の関連キーワード石英岩サイモン委員会高野岩三郎中国国民党メンケンレギア干渉リップルタウスク堀口大学猶存社

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone