佐々木省吾(読み)ささき しょうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木省吾 ささき-しょうご

?-1919 幕末-明治時代の教育者。
生地の安芸(あき)(広島県)で儒者末田重邨(じゅうそん)にまなぶ。広瀬旭荘(きょくそう),柴秋村(しば-しゅうそん)らとまじわり,詩文をよくする。家塾遷革舎をひらき,明治2年同舎を小学校とする。のち郡視学をつとめた。大正8年8月3日死去。名は熊。字(あざな)は士璋。号は星峡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android