コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴秋村 しば しゅうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴秋村 しば-しゅうそん

1830-1871 幕末の儒者。
天保(てんぽう)元年生まれ。詩文大沼枕山(ちんざん)に,儒学広瀬旭荘(きょくそう)にまなぶ。文久元年阿波(あわ)徳島藩儒となり,藩校洋学校教官をかねる。明治3年徳島藩士が藩籍離脱をはかる稲田家家臣団を淡路(あわじ)洲本に襲撃した事件(稲田騒動)に連座し,禁固3年の刑をうけた。明治4年3月18日死去。42歳。阿波出身。名は莘。字(あざな)は緑野。通称は六郎別号に繭山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴秋村の関連キーワード佐々木省吾儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android