コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴秋村 しば しゅうそん

1件 の用語解説(柴秋村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴秋村 しば-しゅうそん

1830-1871 幕末の儒者。
天保(てんぽう)元年生まれ。詩文を大沼枕山(ちんざん)に,儒学を広瀬旭荘(きょくそう)にまなぶ。文久元年阿波(あわ)徳島藩儒となり,藩校洋学校教官をかねる。明治3年徳島藩士が藩籍離脱をはかる稲田家家臣団を淡路(あわじ)洲本に襲撃した事件(稲田騒動)に連座し,禁固3年の刑をうけた。明治4年3月18日死去。42歳。阿波出身。名は莘。字(あざな)は緑野。通称は六郎。別号に繭山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴秋村の関連キーワード廃藩置県民衆を導く自由の女神天童藩アメリカ美術フランス音楽ニュートン新教育高田藩北海道開拓シャルル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone