コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木苑子 ささき そのこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木苑子 ささき-そのこ

1939- 昭和後期-平成時代の染織家。
昭和14年7月4日生まれ。静岡県の手織紬(つむぎ)工房,鳥取県米子,島根県広瀬で紬織や緯絣(よこがすり)をまなび,昭和44年自宅に工房をひらく。47年日本工芸展初入選。紬織に絵絣の技法を取り入れ独自な作風をきずいた。平成13年「絵絣紬着物 星の原」で日本工芸展東京都知事賞。14年日本工芸会理事。17年紬織で人間国宝。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木苑子の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木苑子の関連情報