コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵絣 エガスリ

デジタル大辞泉の解説

え‐がすり〔ヱ‐〕【絵×絣】

主として横糸によって絵画的文様を織り出した

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えがすり【絵絣】

絣織物の一。よこ糸によって松竹梅・鶴・亀・船など絵画的な図柄を織り出したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵絣
えがすり

絵画風の模様を織り出した絣。主として模様は緯(ぬき)糸によって表される。模様には「松竹梅」「鶴亀(つるかめ)」「宝尽(づくし)」などの吉祥模様、「一富士二鷹(たか)三茄子(なすび)」といった縁起物、「小野道風(とうふう)」「惺々(しょうじょう)」、「冑(かぶと)に梅が枝」などの物語絵風のものから、「牡丹唐草(ぼたんからくさ)」をはじめとする種々の唐草模様など多岐にわたる。おもにふとん、着尺、野良着(のらぎ)に用いられた。絵絣の産地としては、島根県の広瀬、鳥取県の弓ヶ浜・倉吉(くらよし)、福岡県の甘木・久留米(くるめ)などが有名で、江戸末期から明治にかけて、農家の女性が仕事の合間に絵絣を織っていた。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

絵絣の関連キーワード田中久重(初代)佐々木苑子弓ヶ浜絣大塚太蔵田中久重備後絣伊予絣井上伝倉吉絣松竹梅弓浜絣広瀬絣図柄

絵絣の関連情報