紬織(読み)つむぎおり

  • ×紬織

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紬糸で織った絹織物。紬糸は元来屑繭からつくった真綿を引伸ばして紡ぎ出した糸で,これを平織に織ったものが織である。糸の太さが一定せず節があるので,織り上がった感じは荒く野趣に富んでおり,ざっくりした手作りの味があるが,着るほどに絹のつやが出る。生地の質はじょうぶで染色しやすい点に特徴がある。また,近年では経糸,または経糸緯糸両方に玉糸 (玉繭から製糸した絹糸) を使用したものもある。柄は白地,無地,縞,絣などに織られ,広く和服地として用いられているが,近年は洋服地やネクタイ地もつくられている。紬は,古くから各地で生産され,その産地別に次のように分類される。 (1) 結城紬 茨城県結城市付近の産。経糸緯糸に古来の紬糸を用い,おもに縞,絣が多い。柄に渋みがあり,生地はじょうぶ。 (2) 大島紬 奄美大島および鹿児島市付近の産。玉糸を用い,絣柄が多い。 (3) 長井紬 山形県長井市付近の産。 (4) 村山大島 東京都,埼玉県の産。玉糸を使い大島紬に似せたものが多い。 (5) 久米島紬 沖縄諸島の久米島が原産地で,琉球紬として知られている。 (6) 八丈紬 伊豆七島の八丈島の産。黄色を主体とした黄八丈が名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紬織の関連情報