佐伯半六(初代)(読み)さえき はんろく

  • 佐伯半六(初代) さえき-はんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1630-1682 江戸時代前期の陶工。
寛永7年生まれ。寛文3年(1663)長門(ながと)(山口県)萩藩の御用焼物師としてめしかかえられる。3代のとき林と改称。7代で絶家。天和(てんな)2年11月4日死去。53歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android