コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンスロップ Winthrop, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンスロップ
Winthrop, John

[生]1588.1.12. サフォーク
[没]1649.3.26. ボストン
アメリカ植民地時代初期のイギリス人植民者。ケンブリッジ大学卒業。ピューリタニズムを生活信条とし,1629年チャールズ1世の特許状により設立されたマサチューセッツ湾会社に興味をもち,初代総督に任命され,30年アメリカに移住,マサチューセッツ湾植民地を創設。ボストンを本拠とし,その周辺に会衆派教会を中心とするタウン共同体を建設。タウンの自治は原則として自由民全部の出席するタウン・ミーティングにおける投票により決定され,多数決による決定事項には住民全部が拘束される形態をとった。一度選ばれたら個人の最上の判断のもとに治めるという信念に基づき,自己の信仰の自由を守るため,きびしい神政政治を樹立した。彼の日記"A Journal of the Transactions and Occurrences in the Settlement of Massachusetts"は 1790年に刊行され,重要な史料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンスロップ【John Winthrop】

1588‐1649
アメリカ,イギリス領マサチューセッツ湾植民地初代総督。サフォーク州の富裕な地主の子に生まれ,所領を継ぐ。ケンブリッジ大学在学中ピューリタンの感化をうける。弁護士として身をたてたが,宗教的抑圧が強化されるとニューイングランドへ移住を決意,マサチューセッツ湾会社総督としてピューリタンの一団を率いて1630年に渡米。総督,副総督など要職に選出され続け,選民意識をもって〈聖書国家〉の実現をめざした。R.ウィリアムズやA.ハッチンソンの追放など非寛容な態度を示したが,優れた統治能力で植民地建設に貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンスロップ
うぃんすろっぷ
John Winthrop
(1588―1649)

アメリカのマサチューセッツ湾植民地の総督。イギリスのサフォークに生まれる。トリニティ・カレッジに学び法律家となったが、その間ピューリタンとなる。1630年アーベラ号にて新大陸に到着し、植民地に神政政治を確立することに貢献。ピューリタンによる統一国家を目ざし、アン・ハッチンソンを追放したことは有名である。その著書『1630年から1649年に至るニューイングランド史』The History of New England from 1630 to 1649は植民地時代の研究に有効な資料である。[野村文子]
『アリステア・クック著、鈴木健次・桜田元雄訳『アメリカ 上』(1978・日本放送出版協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウィンスロップの言及

【ボストン】より

…第3期は第2次大戦と今日にいたるボストンである。ジョン・ウィンスロップに率いられて移住したピューリタンは,イギリス本国の故郷の地名にちなむボストンを建設して,1632年マサチューセッツ湾会社の政府所在地にした。南部や中部の植民地のように豊かな農作物は得られなかったが,魚類,木材,造船資材などの輸出により海運業を発達させ,やがてボストンは本国や西インド諸島をはじめ広域貿易の根拠地として,富を獲得した。…

※「ウィンスロップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィンスロップの関連キーワードボストン(アメリカ合衆国)マーク ジンマーマンロックフェラー財閥ウィルバー ロスロックフェラーエンディコットアメリカ合衆国アメリカ文学1月22日7月26日マガウアンウォーフ緋文字サベジ

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android