コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯季艧 さえき きわく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯季艧 さえき-きわく

?-? 江戸時代中期の儒者。
越中(富山県)の人。はじめ佐伯北溟(ほくめい)に師事,京都で江村北海(1713-88)にまなぶ。富山藩につかえ,詩をよくした。名は樸(ぼく)。通称は八兵衛。号は芙蓉楼。遺稿集に「芙蓉楼詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐伯季艧の関連キーワード佐伯八兵衛佐伯樸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android