佐伯旭雅(読み)さえき きょくが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯旭雅 さえき-きょくが

1828-1891 幕末-明治時代の僧。
文政11年生まれ。真言宗。12歳で出家し,京都でまなぶ。安政5年讃岐(さぬき)(香川県)善通寺住職。明治初年の廃仏毀釈(きしゃく)運動に対抗して教部省の設置実現につとめる。随心院門跡(もんぜき)をへて11年泉涌寺(せんにゅうじ)長老となった。明治24年1月31日死去。64歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。本姓は内田。字(あざな)は恵浄。号は雲洞。著作に「冠導倶舎(くしゃ)論」「真言宗安心」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android