コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐原喜三郎 さわらの きさぶろう

1件 の用語解説(佐原喜三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐原喜三郎 さわらの-きさぶろう

1806-1845 江戸時代後期の農民。
文化3年生まれ。天保(てんぽう)7年関東の博徒一斉手入れで捕らえられ,八丈島におくられる。9年島抜けに成功するが,江戸で再逮捕。牢内で島抜けの記録「朝日逆島記」をしるした。のち江戸十里四方追放となる。弘化(こうか)2年6月3日死去。40歳。下総(しもうさ)香取郡佐原村(千葉県)出身。本姓は本郷。虚無僧名は朝日象現。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐原喜三郎の関連キーワードハツ岩田広成菊地多兵衛黄瀬平治木村善四郎古森里朴酒井未白田島治兵衛平林東谷深川湖十(5代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐原喜三郎の関連情報