佐多氏(読み)さたうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さたうじ【佐多氏】

平安時代以来大隅国禰寝院(ねじめいん)南俣(現在の鹿児島県肝属郡根占,佐多,田代町)を本拠とする豪族。(1)禰寝氏(建部姓)の一族。所領佐多の名を負う。始祖頼高は禰寝頼清の弟,その後親清,親高,親綱,親治と相伝。1197年(建久8)の大隅国図田帳に正八幡宮領佐汰(多)10丁の領主としてみえる建部高清は親清と思われる。在庁官人で,翌年の大隅国御家人交名(きようみよう)の国方14名の1人に佐多新大夫高清がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android