コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐多氏 さたうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さたうじ【佐多氏】

平安時代以来大隅国禰寝院(ねじめいん)南俣(現在の鹿児島県肝属郡根占,佐多,田代町)を本拠とする豪族。(1)禰寝氏(建部姓)の一族。所領佐多の名を負う。始祖頼高は禰寝頼清の弟,その後親清,親高,親綱,親治と相伝。1197年(建久8)の大隅国図田帳に正八幡宮領佐汰(多)10丁の領主としてみえる建部高清は親清と思われる。在庁官人で,翌年の大隅国御家人交名(きようみよう)の国方14名の1人に佐多新大夫高清がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

佐多氏の関連キーワード知覧城跡知覧城知覧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android