コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐東銀山城 さとうかなやまじょう

日本の城がわかる事典の解説

さとうかなやまじょう【佐東銀山城】

広島県広島市安佐南区(安芸国佐東郡)の武田山(標高411m)にあった中世の山城(やまじろ)。山頂から尾根づたいに40以上の曲輪(くるわ)を配し、広島市内の山城の中で最大規模の城である。1221年(承久3)の承久の変の恩賞として、甲斐武田氏は安芸国守護に任命され、武田山南麓に守護所を構えた。戦乱の気運が高まる鎌倉時代末期、武田信宗(たけだのぶむね)が領土防衛のために佐東銀山城を築いたとされる。戦国時代になると、武田氏の勢力は拡張するが、安芸一国の支配まではいたらず、大内氏に従っていた。武田元繁(たけだもとしげ)の代になると大内氏に反旗を翻すが、有田合戦で初陣の毛利元就(もうりもとなり)に敗れて戦死してしまう。元繁の子の光和(みつかず)は山陰の尼子氏と結んで大内氏に対抗するものの、1541年(天文10)に大内氏の命を受けた毛利元就に攻められ、佐東銀山城は落城、安芸武田氏は滅亡した。以後、佐東銀山城は毛利氏の支配下に置かれ、毛利氏が関ヶ原の戦いで敗れるとこの城を去り、やがて廃城となった。現在、佐東銀山城への登山道口には広島経済大学と祇園北高校がある。JR可部線下祇園駅から徒歩30分。◇銀山城(かなやまじょう)ともいう。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

佐東銀山城の関連キーワード木村城大内

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android