コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐橋甚五郎 さばし じんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐橋甚五郎 さばし-じんごろう

?-? 戦国時代の武士。
松平清康(きよやす)(1511-35)の小姓。弓の名手であったが,友人の刀をぬすみ,罪を同僚にきせてにげ,武田氏につかえた。私怨から武田氏の武将の寝首をかき,ふたたび松平氏につかえようとしたがはたせず,悪行が知れて殺されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐橋甚五郎の関連キーワード松平清康まい生害

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android