コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田氏 たけだうじ

4件 の用語解説(武田氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武田氏
たけだうじ

清和源氏の一支族。甲斐国の守護,戦国大名源義光が甲斐守に任じられてのち,その子義清が甲斐国巨摩郡武田村に土着してから嫡流は武田を称し,秋山,小笠原,南部などの支流を生じた。義清の孫信義のとき源頼朝に従い,信武のとき元弘の変および中先代 (なかせんだい) の乱で打撃を受けたが,のち足利氏に従って軍功をあげ,所領を拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武田氏【たけだうじ】

清和源氏。祖は新羅(しんら)三郎義光の子義清で,常陸(ひたち)国武田郷に住し武田氏と称し,のち甲斐(かい)国へ配流(はいる)されたという。鎌倉時代は甲斐の守護。
→関連項目穴山梅雪一分金一朱金印判状江尻大久保長安大宮甲斐国九一色郷黒川金山小仏関真田氏躑躅崎館八王子千人同心柳沢氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たけだうじ【武田氏】

本姓は清和源氏であり,新羅三郎義光の子義清が甲斐国巨摩郡武田荘へ荘官として赴任したところから武田姓を名のる(図)。義清の孫信義は治承・寿永の乱で,源頼朝方として戦功をたて,鎌倉幕府成立後には,甲斐の有力御家人となり,守護職に任ぜられた。一族の逸見,加賀美,安田氏も栄えたが,甲斐源氏の勢力を恐れた頼朝によって,武田信義の長男一条忠頼と弟の安田義定は謀殺された。嫡系は忠頼の弟石和信光がつぎ,以後その子孫が一族を分出させながら守護職を世襲し,あわせて,甲斐国内の諸荘園の地頭職をも獲得していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武田氏
たけだうじ

清和源氏(せいわげんじ)。新羅三郎(しんらさぶろう)義光(よしみつ)の子義清(よしきよ)を祖とする武家。甲斐国(かいのくに)巨摩(こま)郡武田荘(たけだのしょう)の荘官となり武田姓を名のり、甲斐国守護から戦国大名となる。義清の孫信義(のぶよし)が治承(じしょう)・寿永(じゅえい)の内乱(源平の合戦)で源頼朝(みなもとのよりとも)方として戦功をたて、鎌倉幕府の成立後に有力御家人(ごけにん)となり、守護職(しゅごしき)に任ぜられた。しかし甲斐源氏の台頭を恐れた頼朝によって、信義の長男一条忠頼(いちじょうただより)と弟の安田義定(やすだよしさだ)らは謀殺された。嫡系は石和信光(いさわのぶみつ)が継ぎ、以後その子孫が一族を分出させながら守護職を世襲し、荘園の地頭職をも集積していった。信光は承久(じょうきゅう)の乱(1221)で活躍するが、その子信政(のぶまさ)以後の数代には目だった動きがみられず、鎌倉末期には弱体化していった。しかし信武(のぶたけ)が南北朝の内乱期に足利(あしかが)方として活躍し、甲斐国のみならず、安芸(あき)・若狭国(わかさのくに)守護職をも兼ねることになった。以後信満(のぶみつ)のときまで守護大名として君臨した。しかし1416年(応永23)の上杉禅秀(うえすぎぜんしゅう)の乱で信満は外戚(がいせき)として禅秀方に味方し、敗れて自害した。その後数代は守護不在国の状態が続き、国人(こくじん)が蟠踞(ばんきょ)して武田氏を脅かしたが、1438年(永享10)に守護信重(のぶしげ)は甲斐に帰ることができた。その孫信昌(のぶまさ)は勢力を挽回(ばんかい)したが、子の信縄(のぶつな)と対立。さらに国内においては、小山田(おやまだ)、大井、穴山(あなやま)、逸見(へんみ)などの強力な国人が割拠し、また一族内の反乱も起こり、加えて後北条(ごほうじょう)、今川氏などとの対抗が生じ戦国動乱へと発展する。信縄の子信虎(のぶとら)が1507年(永正4)に家督を継ぎ、1519年石和から甲府の躑躅ヶ崎(つつじがさき)に居館を移し、国内を統一、戦国大名としての基盤を築いた。その子晴信(はるのぶ)(信玄(しんげん))は周辺地を征服し信濃(しなの)・駿河(するが)と、上野(こうずけ)・飛騨(ひだ)・美濃(みの)・遠江(とおとうみ)・三河の一部にわたる領国を形成して、中部地方の大大名となったが、その子勝頼(かつより)は、1582年(天正10)に織田信長に攻められ、武田家は滅亡した。[柴辻俊六]
『奥野高広著『武田信玄』(1959・吉川弘文館) ▽磯貝正義著『武田信玄』(1970・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武田氏の言及

【安芸国】より

…頼宗からの所領没収は,1203年(建仁3)山方為忠の壬生荘地頭職を取り上げ小代行平に与えた事例とともに,幕府の西国武士抑圧策の一環である。承久の乱(1221)にあたり,宗孝親をはじめ厳島神主佐伯氏,葉山氏などは京方に味方したが,乱後孝親の所領の多くが守護に還補された武田氏に引き継がれた。ほかに新補地頭として確かめうるものに,大朝本荘の吉川氏,三入荘の熊谷氏,安芸町村の平賀氏,都宇竹原荘の小早川氏,八木村の香川氏,温科村の金子氏などがある。…

【小浜[市]】より

…一色氏時代はあたかも室町幕府の盛時で,各地を巡遊して威を示した将軍義満は,93年(明徳4)以来丹後九世戸の文殊参詣のついでにしばしば小浜をも訪れている。1440年(永享12)将軍義教の命で一色義貫を討った武田信栄が,かわって守護となってのちは,元明の代に越前朝倉氏の侵攻によって滅亡するまで武田氏の支配が続いた。一色氏時代以来守護所は西津にあったが,1522年(大永2)武田元光は後瀬(のちせ)山に築城,山麓に居館を構えてここに移った。…

【甲斐国】より

…清光の子や孫は国内の要地を占拠して,逸見(へみ),武田,安田,加賀美,小笠原,南部氏らを名のり,やがて天下の雄族へと発展した。とくに清光の子信義は武田氏の祖となり,子孫は甲斐源氏の棟梁として繁栄した。
【中世】
 甲斐源氏勃興のときは源平争乱期であった。…

【上総国】より

…このころ義尭は久留里城(君津市久留里),義尭の子義弘は佐貫城(富津市佐貫)にいて南房総を分国とした。一方山間部の真里谷城(木更津市真里谷(まりやつ)),庁南城(長生郡長南町),大多喜城(夷隅郡大多喜町)には守護代武田氏一族が拠り,古河公方,小弓公方を支持して活動したが,天文期の内争により衰えた。すなわち44年(天文13)里見義尭の宿将正木時茂が大多喜城に拠る武田朝信を攻め,朝信は敗れて自殺し,武田氏に代わって正木時茂が大多喜城主となったのである。…

【甲州金】より

…戦国時代から江戸時代を通じて甲斐国内に通用した金貨。その始まりについては明らかにされていないが,武田信虎のころには貨幣の形態になって存在し,子信玄の治世に甲斐の産金量の増加とともに多くつくられるようになり,武田氏の統率下に松木,野中,志村,山下の4家が鋳造していた。はじめは主として武具の購入や賠償金,戦功の褒賞等に軍資金として用いられたようであるが,しだいに民衆の間でも使用されるようになった。…

【信濃国】より


[戦国時代]
 信濃国人層の戦国大名への成長は,府中(松本市)を中心とする小笠原氏,更級・埴科郡を中心とする村上氏,奥信濃の高梨氏,諏訪盆地の諏訪氏等に代表されるが,いずれも信濃一国を領国とする大大名に成長するには至らなかった。このような状況下で,すでに甲斐一国を領有する戦国大名に成長していた武田氏による信濃国の領国化が開始された。1542年(天文11)父信虎を追った武田晴信(信玄)は,諏訪惣領家を滅亡させ,その後小笠原・村上氏を撃破して53年には北信を除く信濃をほぼ掌中にした。…

【守護領】より

…鎌倉時代の守護領として伝統的な有勢国衙在庁の所領・所職が代々継承されていることは,若狭国守護が国衙在庁稲葉権守時定跡の税所職とそれに付随する広大な今富名,国府近辺の国衙領,要港小浜等の諸浦を領有した事例などにもみられる。藤原親実のあと再び安芸守護に任ぜられた武田氏は,守護=在国司体制を継承するとともに,在庁福島氏を被官化して守護代に任じるなど国衙在庁の個別的掌握をも強め,それを室町幕府下においても維持し,国内支配に有効に作用させた。 室町幕府新任の守護は,播磨赤松氏のように国内に勢力をはる地頭系領主,周防大内氏のような国衙在庁系領主,任国に基盤を有していなかった足利氏一門などその出自に差異はあるが,国衙機構を掌握して国の唯一の支配者になるなかで,鎌倉時代の守護所領をある程度継承し,勲功の賞,敵方闕所(けつしよ)地,半済(はんぜい),押領等によってそれを拡大強化していった。…

【水軍】より

…彼らは漁業経営者でもあり,後北条氏に対して諸役負担の義務を負った。甲斐の武田氏のように領国が海に面していない大名でも,近隣諸国との戦いのなかで水軍の必要性を認識し,奉行人に命じて海賊衆を募っている。そして,伊勢の小浜景隆を破格の加増を条件として招いたほか,かつて後北条氏の家臣であった間宮信高,今川氏に仕えていた伊丹康直らを召し抱え,海上での戦闘に備えている。…

【大泉寺】より

…2世は信虎の弟吸江(きゆうこう)英心である。武田氏は当寺を僧録寺院に任命し,分国中の宗内寺院を統轄させたが,近世にも広厳院(一宮町)と共に,甲斐国の宗内寺院を統轄する録所寺院であった。寺内には武田氏3代の墓があり,所蔵する信虎画像は重要文化財。…

【庁南氏】より

…現,千葉県長生郡長南町)蔵1490年(延徳2)良源座像墨書銘に,寄進者〈上総中務大輔沙弥道歳長南次郎平常秀〉と記されている庁南氏は,その後裔であろう。 この平姓庁南氏のほか,室町~戦国時代には甲斐武田氏出身の庁南氏が生まれる。すなわち甲斐源氏武田信満の次男信長は1456年(康正2)庁南・真里谷(まりやつ)両城を築き,庁南城(現,長生郡長南町長南)を自身の,真里谷城(現,木更津市真里谷)をその子信高の居城とした。…

【躑躅崎館】より

…甲斐の戦国大名武田氏の居館。現在甲府市古府中町にその跡が残る。…

【伝馬】より

…今川氏の文書によると,公用伝馬を使用する場合は1日5疋を限度に,1里10銭を支払うことが義務づけられている。隣国の甲斐武田氏も,今川氏の制度をまねて比較的早くから伝馬制を敷いていた。信玄の父信虎の時期に,伝馬手形や伝馬定書が出されているが,本格的なものは永禄年間(1558‐70)の初めからである。…

【兵農分離】より


[兵農分離の端緒]
 兵農分離の端緒的形態は,戦国大名が行った検地の施行過程のうちに見いだされる。1563年(永禄6)武田氏が行った恵林寺領検地の場合,大名と主従関係を結んでいる軍役衆と,結んでいない非軍役衆(惣百姓)とに区別し,軍役衆には従来からの本年貢分にあたる本成方を検地の対象から外し,検地増分にあたる踏出分も全額年貢免除とするのに対し,非軍役衆である惣百姓の場合,本成方・公事諸役・踏出分を総計し,その4割を年貢免除とした。このように異なった方式をとるにあたっては,それ以前の由緒のいかんによらず,検地施行の時点で武田氏と主従関係があれば軍役衆,なければ惣百姓と認定されたのである。…

【若狭国】より

…このとき使臣の宿をつとめた〈問丸本阿弥〉がいたように,問丸の発達もいちじるしかった。
[戦国時代]
 1440年(永享12)将軍義教の命をうけた安芸国守護武田信栄が,大和で一色義貫を討ち,若狭の守護を兼ねて以来,信賢,国信,元信,元光,信豊,義統,元明と,約140年間の武田氏による若狭支配が行われた。この時期の大半が戦国時代である。…

※「武田氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武田氏の関連キーワード佐竹氏清和源氏甲源一刀流新羅三郎新羅三郎義光錦織氏馬場氏箕浦氏貞純親王流清和源氏《清和源氏十五段》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武田氏の関連情報