コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐田建設 さたけんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐田建設
さたけんせつ

建設会社。 1920年創業の個人企業・佐田組を 49年に改組し佐田建設として設立。群馬県を地盤とする。建設用機械,機械装置の製造販売のほか,産業廃棄物の再生処理,貸ビル,観光事業も経営。道路工事や公共建築など公共工事に強く,民需比率は 50%。また県外の受注が約 60%を占める。売上構成比は,建築 59%,土木 40%,不動産1%。年間売上高 669億 9900万円,資本金 37億 6000万円,従業員数 1060名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

佐田建設

正式社名「佐田建設株式会社」。英文社名「Sata Construction Co., Ltd.」。建設業。大正9年(1920)「佐田組」創業。昭和24年(1949)設立。本社は前橋市元総社町。建築・土木会社。建設工事の受注・施工およびアスファルト合材などの販売を行う。群馬・埼玉地盤。東京証券取引所第1部上場。証券コード1826。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

佐田建設の関連キーワード佐田行革担当相の架空事務所届け出疑惑架空事務所届け出疑惑佐田 一郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android