コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共建築 こうきょうけんちくpublic architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公共建築
こうきょうけんちく
public architecture

19世紀までは,一般に「宗教建築」に対して,「市民建築」 civic architectureあるいは「公共建築」という用語があり,市壁,市庁舎,裁判所,監獄,議場,市場,広場,その他の公共施設を含めており,これに「個人建築」という分類を加えた3種に建造物を分ける慣例があった。近代では,宗教建築の重要性が落ちるのに対し,商業建築,工業建築の比重が著しく高まったほか,建物種別も多種多様になったので,旧来のおおまかな分類によらず,「オフィス・ビル」「学校」「オーディトリアム」「図書館」「研究所」など,建物種別に細かく分けて考えるようになった。今日では建設事業の主体の性格により,「公共建築」と「民間建築」に大別している。ここで「公共建築」というのは,官庁,地方自治体のつくる建築,その他公団,公社など公的資金あるいは公的補助金による建築ということで,その建物の種別には関係がない。さらに一般的には,上記のような公的建築のほか,たとい民間資金による建築であっても,一般に広く公開されていれば (たとえば私設の美術館) 公共建築とみなす場合がある。建物の使用状況の公共性という観点から,ある種の大規模オフィス・ビルやデパート建築は,すでに公共的性格をそなえており,現代の建築家はさらに意識的に民間建築に公共性を与えようと努めている。都市の大規模高層ビルや複合ビルは,都市の立体的な膨張であって,巨大ビルのロビーや廊下は,街路の延長にほかならないと考えられるからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうきょう‐けんちく【公共建築】

公共的な利用目的をもつ建築物役所・学校・病院など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうきょうけんちく【公共建築】

国や地方公共団体などが設置し、一般市民が利用する建築物。学校・病院・博物館など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

公共建築の関連キーワードチェンバーズ(Sir William Chambers)アポロドロス[ダマスカス]ウィレム・M. デュドクアズド・ウッダウラワインブレンナーシューマッハールー=スピッツカリュアティド公共建築月間モラントベイリーフェンスプリオリ宮殿カリクラテス公共建築の日ボアンヴィルインダス文明アスプルンドニコメディア地方公共団体L. コスタ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公共建築の関連情報