コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐脇嵩雪 さわき すうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐脇嵩雪 さわき-すうせつ

1736-1804 江戸時代中期-後期の画家。
元文元年生まれ。江戸の人。父佐脇嵩之(すうし)にまなび,家風をつたえた。文化元年11月22日死去。69歳。字(あざな)は貫多。通称は倉治。別号に翠雲堂,中岳斎,中岳堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐脇嵩雪の関連キーワード文化元文説経鶴屋南北岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)享保銀デュールコープ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone