佐藤 藤佐(読み)サトウ トウスケ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 藤佐
サトウ トウスケ

大正・昭和期の弁護士 秋田経済大学名誉教授;元・検事総長。



生年
明治27(1894)年1月7日

没年
昭和60(1985)年8月29日

出生地
秋田県

学歴〔年〕
東京帝大法学部〔大正10年〕卒

経歴
大正10年、司法官試補となり、東京地裁所長などを経て戦後は司法省刑事局長、司法次官、法務行政長官、刑政長官を歴任。25年から7年間、戦後4代目の検事総長を務めた。この間、造船疑獄やメーデー事件の搜査を指揮したが、29年に東京地検特搜部が摘発した造船疑獄の搜査では、当時の佐藤栄作自民党幹事長の逮捕をめぐって犬養健法相が指揮権を発動、佐藤幹事長の逮捕をストップされている。32年退官し、秋田経済大学長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐藤 藤佐 (さとう とうすけ)

生年月日:1894年1月7日
大正時代;昭和時代の弁護士;司法官。秋田経済大学教授;検事総長
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android