コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーデー事件 メーデーじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メーデー事件
メーデーじけん

第2次世界大戦後の三大騒乱事件の一つ。対日講和条約が発効して最初のメーデーが行われた 1952年5月1日午後,明治神宮外苑で開かれた東京の中央会場からの中部コースデモ隊は日比谷公園で解散せず,学生,朝鮮人,自由労務者約 6000人は「人民広場へ行こう」と叫んで皇居前の警戒線を突破,5000人の警官隊と衝突した。この衝突で警察官の重傷 68人,軽傷 672人,デモ隊側の負傷者は 200人,死者2人,奪われたピストル3丁,焼失した米軍車両 14台,損壊した車両 101台に達した。この事件には騒擾罪が適用され 1219人が逮捕,うち 261人が起訴された。第1審の東京地方裁判所は同罪を認定して 118人に有罪,第2審は 72年 11月 21日,第1審判決を「共同意思を欠き,暴行脅迫の程度も一地方の静謐を欠くにいたらなかった」として破棄し,公務執行妨害罪で 16人を有罪とするにとどまったが,検察側は上告せず,刑は確定した。この事件の裁判は大量の被告人と長期裁判で注目を集め,また警察の警備活動におけるピストル使用の可否も問題とされた。また地下に潜行中の共産党書記長徳田球一は,事件を最も英雄的な行為と評価するなど講和直後の社会の注目を集めたが,この事件以後破壊活動防止法をはじめとする一連の治安立法が制定されることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メーデー事件【メーデーじけん】

サンフランシスコ講和条約発効直後の1952年5月1日のメーデーの際に起こった死傷事件。政府は,戦後〈人民広場〉とよばれて集会などに使用されていた皇居前広場の使用を禁止し,これと講和条約に対する不満が結びつき,明治神宮外苑で集会を開き,デモのあと日比谷公園で解散予定となっていたデモ参加者は,皇居前広場に入った。
→関連項目日本

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メーデーじけん【メーデー事件】

サンフランシスコ講和条約発効直後の1952年5月1日,第23回メーデーに際して警官隊がデモ隊を襲い,〈血のメーデー〉といわれた事件。敗戦後,皇居前広場はメーデーなどの集会に使われ,〈人民広場〉とよばれていた。1951年のメーデーではアメリカ占領軍の指示で使用禁止となったが,翌52年,講和条約発効下で東京地裁がこの措置を違法とした。しかし政府は控訴し,禁止に固執したため,メーデー会場は明治神宮外苑に移された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メーデーじけん【メーデー事件】

対日講和条約発効直後の1952年(昭和27)、政府が使用を禁止した皇居前広場に進入したメー-デーの一部デモ隊に、警官隊が拳銃や催涙ガスで攻撃し死者二名・負傷者多数を出した事件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メーデー事件
めーでーじけん

1952年(昭和27)5月1日、第23回メーデーの日、皇居前広場周辺で警官隊とデモ隊が衝突、騒乱罪に問われた事件。「血のメーデー事件」ともいわれる。吹田(すいた)事件、大須(おおす)事件と並ぶ戦後の三大騒乱事件である。
 この年のメーデーは、サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約の発効直後であり、デモ隊の一部は両条約への抗議の意思をもって、皇居前広場に向けて行進した。広場は戦後メーデーの復活以来メーデー会場となり、他の多くの集会も開催されて、人民広場ともよばれていたが、1951年のメーデーに際し、アメリカ占領軍は同広場での開催を禁止し、52年のメーデーでは東京地裁が不許可処分取消判決を下していたにもかかわらず、政府の措置で開催を妨げられていた。広場では入場直後何事もなかったが、午後2時40分、排除を開始した警官隊は、催涙ガス弾、拳銃(けんじゅう)弾発射を含む実力行使に及んだ。さらに新たなデモ隊が到着し、広場のデモ隊が3万を超えるや、警官隊も約2000人に増員され、3時25分二度目の衝突が起こった。そして4時、最後の攻撃でデモ隊は広場から排除された。東京都職員の青年が背後から拳銃弾で心臓を射ち抜かれ即死したのはこのときである。三度の排除攻撃、衝突で拳銃弾70発、催涙ガス弾73発が発射され、デモ隊側死者2人、重軽傷者千数百人に達した。警官隊側負傷者も800人といわれる。
 警視庁は衝突の最中、早くも騒乱罪適用を決定し、同日夕刻から逮捕を開始、総検挙数1232人に上った。うち起訴261人、首謀者は存在せず「首なし騒乱」と称された。一方、政府は事件を共産党の軍事行動と非難し、当時国会審議中の破壊活動防止法案成立に利用した。
 東京地裁の一審では、かつてないマンモス公判のため分離を主張する裁判所側と、統一を主張する弁護側が対立したが、結局統一公判方式がとられ、1953年2月から例のない6人の裁判官による公判が始まった。争点は騒乱罪成立か否かであるが、成否は、警官隊の行動を適法・正当とみるか、それともデモが正当な抗議行動であり、暴行・脅迫の共同意思は存在せず、違法な警察力の行使が衝突の原因であるとみるか、であった。公判開廷回数は1792回に及び、結審まで13年10か月、さらに判決まで3年11か月を要する長期裁判となった。70年1月28日の判決は、第一次衝突を警官隊違法、騒乱罪不成立、第二次衝突以降をデモ隊違法、騒乱罪成立とし、110人を無罪、93人を有罪とした。しかし、同判決およびその後の判決で有罪の宣告を受けた被告100人の控訴審判決は、72年11月21日に行われ、騒乱罪については全面不成立と認定、84人に無罪を言い渡した。残る16人には騒乱罪以外の罪を認めたが、原告・被告双方が上告を断念し、長期裁判に終止符が打たれた。事件発生以来実に20年7か月が経過していた。[荒川章二]
『「メーデー事件裁判闘争史」編纂委員会編『メーデー事件裁判闘争史』(1982・白石書店) ▽岡本光雄著『メーデー事件』(1977・白石書店) ▽田中二郎他編『戦後政治裁判史録 第二巻』(1980・第一法規出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメーデー事件の言及

【鷹】より

…結末の場面で,牢獄を逃れた少女が鷹に変身する寓意は明らかだろう。発表前年の〈血のメーデー事件〉を踏まえつつ,作者は不発に終わった戦後革命期への挽歌を奏で,革命伝説の形象化をこころみている。【野口 武彦】。…

※「メーデー事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メーデー事件の関連キーワードメーデー(国際労働日)大原社会問題研究所川口 光太郎布施 辰治谷口 正孝川口光太郎高橋 正夫佐藤 藤佐近藤 巨士統一公判阿部知二催涙ガス大須事件布施辰治黒井千次田中栄一谷口正孝上田誠吉松本善明全協

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メーデー事件の関連情報