コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤北江 さとう ほっこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤北江 さとう-ほっこう

1869*-1914 明治-大正時代の新聞記者。
明治元年12月22日生まれ。陸中盛岡藩士の子。鈴木舎定らの求我社にはいり,自由民権運動で活躍。「岩手新聞」記者をへて,明治20年上京,「めさまし新聞」にはいり,改題後の「東京朝日新聞」で編集長,社会部長をつとめた。石川啄木(たくぼく)を校正係に採用したことでも知られる。大正3年10月30日死去。47歳。本名は真一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐藤北江の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android