佐藤堅忠(読み)さとう かたただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤堅忠 さとう-かたただ

1548-1613* 戦国-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)17年生まれ。佐藤信則の子。豊臣秀吉につかえ,使番となる。慶長5年上杉景勝攻めにむかう徳川家康にしたがい,関ケ原の戦いにも従軍した。慶長17年12月23日死去。65歳。通称は勘右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android