佐藤暢(読み)さとう ちょう

  • 佐藤暢 さとう-ちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1851*-1910 明治時代の官僚,経営者。
嘉永(かえい)3年12月生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。東京府取締組組頭,権(ごんの)大警部をつとめ,一時帰郷する。のち大阪府の収税長,書記官をへて,明治24年内閣書記官,27年栃木県知事となる。博多湾鉄道社長,川崎造船所取締役をつとめた。明治43年9月7日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤暢の関連情報