コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤業時 さとう なりとき

2件 の用語解説(佐藤業時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤業時 さとう-なりとき

1190-1249 鎌倉時代の武士。
建久元年生まれ。嘉禄(かろく)元年幕府に評定衆が設置されたとき,相模大掾(さがみのだいじょう)でその一員となる。仁治(にんじ)2年落書の罪で九州に配流されたが,のちゆるされ鎌倉にもどった。建長元年6月11日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤業時

没年:建長1.6.11(1249.7.22)
生年:建久1(1190)
鎌倉中期の幕府評定衆。藤原業時ともいう。藤原秀郷の子孫明時の子で,民部大夫仲業の猶子。相模大掾。貞永1(1232)年には『御成敗式目』の起請文に評定衆として署名している。同年中に民部少丞,次いで民部大丞に任ぜられる。『吾妻鏡』は,業時が三善倫重,三善康連と共に,早朝から評定所に参候して公事勤厚の功で,執権北条泰時の盃酒を受けたエピソードを伝えている。文暦1(1234)年叙爵。しかし仁治2(1241)年落書以下の「奇恠」を現した科により,評定衆を除かれ鎮西に配流。寛元1(1243)年に赦され,鎌倉に帰参した。

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤業時の関連キーワード式評定衆評定衆評定奉行上総秀胤清原満定佐藤業連二階堂行方町野康持三善倫経矢野倫長

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone