コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤藤蔵 さとう とうぞう

2件 の用語解説(佐藤藤蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤藤蔵 さとう-とうぞう

1718-1797 江戸時代中期-後期の植林家。
享保(きょうほう)3年生まれ。佐藤藤左衛門の子。延享3年より父とともに庄内砂丘の出羽(でわ)藤崎(山形県遊佐(ゆざ)町)に数十年かけて砂防林を育成。以後,子孫がその業をひきついだ。寛政9年9月22日死去。80歳。名は重好。通称は別に藤太夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤藤蔵

没年:寛政9.9.22(1797.11.10)
生年:享保3(1718)
江戸中期,砂防植林の功労者。出羽国酒田町(山形県酒田市)の町人。重好,のちに藤太夫と称した。父は藤左衛門重光。酒田西浜砂地の飛砂は凄まじく,農村部への被害は甚大であった。庄内藩郡代服部外右衛門は,その荒廃対策の急を痛感し,砂防林の必要性を説いた。この求めに応じて延享2(1745)年,藤蔵は父と共に植林事業に着手,同4年には藤崎村(飽海郡遊佐町)を開いた。宝暦1(1751)年酒田町大火で家屋を失い,同5年一家で藤崎村に移住,以後も植林事業に尽力した。近隣二十数カ村の協力を得て,植林のみならず新田畑の開発にも成功した。<参考文献>『酒田市史』上

(渡辺英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐藤藤蔵の関連キーワード安保理決議1695と1718国連安保理決議と議長声明カール[12世]カール佐藤藤蔵俳文蔀関月核実験と制裁エリゼ宮カール

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone