コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野信吉 さの のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野信吉 さの-のぶよし

1566-1622 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)9年生まれ。富田知信(とものぶ)の子。佐野房綱の養子となり,天正(てんしょう)20年下野(しもつけ)(栃木県)佐野唐沢山城主をつぐ。関ケ原の戦いでは東軍に属し,佐野3万9000石の藩主となる。慶長7年春日岡城にうつるが,19年兄富田信高(のぶたか)の改易(かいえき)に連座して自身も改易になった。元和(げんな)8年7月15日死去。57歳。名は別に信種,政綱

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の佐野信吉の言及

【佐野氏】より

…下野の中・近世の武家。安蘇郡佐野荘より起こる。藤原秀郷の子孫が下野に広まり,その10世孫足利七郎有綱の子基綱が佐野太郎を称した。基綱は源頼朝に仕え,御家人となる。2代国綱以降の系譜は確かではないが,その子孫が佐野の地を領し,戦国時代の末,宗綱に至る。宗綱は1585年(天正13)に上野館林城主長尾顕長と戦って敗死したので,北条氏政の弟氏忠がその遺跡を継いだ。氏忠は90年豊臣秀吉の小田原征伐に際し小田原城にこもり,落城とともに没落。…

※「佐野信吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

佐野信吉の関連キーワード栃木(県)富田信吉佐野城佐野藩永禄

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐野信吉の関連情報