コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聚光院 じゅこういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聚光院
じゅこういん

京都市北区にある臨済宗大徳寺塔頭永禄9 (1566) 年に三好義継が父長慶の菩提を弔うために創建した。開山は大徳寺の 107世に数えられる笑嶺宗訴で,千利休なども彼に参禅したという。入母屋造檜皮ぶきの本堂,本堂の北側に位置する書院の閑隠席,絹本著色『三好長慶像』は重要文化財。本堂前の庭園は桃山期の作と伝えられ,名勝。本堂の障壁画 (32面) は,狩野松栄狩野永徳親子の作品で,国宝に指定されている。境内墓地には長慶の墓,千利休をはじめとして千家歴代の墓がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

聚光院【じゅこういん】

京都市紫野にある大徳寺塔頭の一つ。1566年三好長慶の菩提を弔うため,子義継が笑嶺和尚を開基として建てたもので,千利休一族の墓所ともなっている。方丈三間には狩野永徳の描いた襖(ふすま)絵《花鳥図》《琴棋書画図》,永徳の父松栄筆《瀟湘八景図》があり,桃山障壁画を代表する傑作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅこういん【聚光院】

京都市北区にある臨済宗大徳寺の塔頭(たつちゆう)。1566年(永禄9)三好義継が亡父長慶の菩提をとむらうため,笑嶺宗訢(しようれいそうきん)を開山として創建。聚光院は長慶の法名。本堂(重要文化財)は創建時の造立で,室町時代最末期を飾る客殿遺構。屋内の障壁画(国宝)のうち室中の《花鳥図》,上二之間の《琴棋書画図》は狩野永徳筆,下二之間の《瀟湘八景図》,上一之間の《竹虎遊猿図》はその父松栄筆で,壮大な画面構成や雄勁な筆致は桃山障壁画の代表とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅこういん【聚光院】

京都市北区にある大徳寺の塔頭たつちゆうの一。三好義継が1566年に創建。開山は笑嶺宗訴。千利休が帰依きえし、千家の墓所や茶席閑隠席がある。また、狩野永徳筆と伝える襖絵ふすまえや桃山時代の蓬萊ほうらい枯山水庭園でも知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の聚光院の言及

【大徳寺】より

…庫裏の北にある大仙院の本堂(1513,国宝)は山内塔頭のうち最古で,大灯国師墨蹟(1330,国宝)などを蔵する。真珠庵には曾我蛇足筆といわれる《山水図》《花鳥図》(ともに室町時代,重要文化財)が,聚光(じゆこう)院には狩野永徳筆とされる《花鳥図》などの方丈障壁画(国宝)がある。伽藍の南にある竜源院の本堂(重要文化財)は大仙院本堂に次ぐ古さで,黄梅院の庫裏(1589,重要文化財)は年代の判明する禅宗塔頭庫裏では最古の遺構であり,また同時期の方丈(1588,重要文化財)とそろって残る例として珍しい。…

※「聚光院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聚光院の関連キーワード千利休(せんのりきゅう)千宗室(4代)桝床の席茶室一覧桃山時代少納言局千少庵四愛図茶室帰依

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聚光院の関連情報