佐野源左衛門常世(読み)さのげんざえもんつねよ

世界大百科事典 第2版の解説

さのげんざえもんつねよ【佐野源左衛門常世】

架空の人名。上野国佐野(現,高崎市内)の住人という。謡曲《鉢木》の主人公として名高い。鎌倉幕府の執権北条時頼が出家して最明寺入道となり,旅僧に身をやつして諸国行脚の途中,上野佐野で大雪に遭い,貧家に一夜の宿を借りた。その家のあるじ佐野源左衛門常世はたいせつな鉢の木をいろりにくべて旅僧をもてなしたので,時頼は後日その忠義を賞して彼の領地を復活し,鉢の木に縁のある3ヵ庄を与えた。この話は最明寺入道時頼の回国伝説の一つであるが,上野佐野の時衆が語りひろめたものとみられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の佐野源左衛門常世の言及

【鉢木】より

…作者不明。シテは佐野源左衛門常世(つねよ)。ある雪の夜,上野(こうずけ)の佐野に着いた旅の僧(ワキ)が,常世の住む貧屋に宿泊を請う。…

※「佐野源左衛門常世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android