コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野源左衛門常世 さのげんざえもんつねよ

1件 の用語解説(佐野源左衛門常世の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さのげんざえもんつねよ【佐野源左衛門常世】

架空の人名。上野国佐野(現,高崎市内)の住人という。謡曲《鉢木》の主人公として名高い。鎌倉幕府の執権北条時頼が出家して最明寺入道となり,旅僧に身をやつして諸国行脚の途中,上野佐野で大雪に遭い,貧家に一夜の宿を借りた。その家のあるじ佐野源左衛門常世はたいせつな鉢の木をいろりにくべて旅僧をもてなしたので,時頼は後日その忠義を賞して彼の領地を復活し,鉢の木に縁のある3ヵ庄を与えた。この話は最明寺入道時頼の回国伝説の一つであるが,上野佐野の時衆が語りひろめたものとみられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の佐野源左衛門常世の言及

【鉢木】より

…作者不明。シテは佐野源左衛門常世(つねよ)。ある雪の夜,上野(こうずけ)の佐野に着いた旅の僧(ワキ)が,常世の住む貧屋に宿泊を請う。…

※「佐野源左衛門常世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐野源左衛門常世の関連キーワード岩鼻上野三碑佐野高崎市高崎経済大学佐野乾山佐野の船橋小島文次郎佐藤三喜蔵泉末廣

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone