コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体外受精の倫理 たいがいじゅせいのりんり

1件 の用語解説(体外受精の倫理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体外受精の倫理
たいがいじゅせいのりんり

生殖医療の進歩に伴い,代理母問題をはじめさまざまな倫理問題が提起されている。そのため日本産科婦人科学会は,1983年 10月に「体外受精・胚移植に関する見解」,84年5月に「ヒト精子・卵子・受精卵を取り扱う研究に関する見解」,88年2月に「ヒト胚及び卵の凍結保存と移植に関する見解」などを発表,研究の暴走に歯止めをかけているが,西欧各国では,さらに立法化を進めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体外受精の倫理の関連キーワード代理母周産期医学手始め借腹生殖補助医療長足の進歩JISART奈良・大淀病院の妊婦死亡問題生殖医療の法整備水野肇

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone