暴走(読み)ぼうそう

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐そう【暴走】

[名](スル)
常軌や規則を無視して乱暴に走ること。「オートバイを暴走させる」
運転者のいない車両が走りだすこと。また、走っている乗り物が制御できない状態になること。「無人電車が暴走する」「ハンドルが壊れて車が暴走する」
周囲の状況や他の人の思惑を考えずに勝手にどんどん事を進めること。
野球で、走者が無謀な走塁をすること。
コンピューターが異常な動作を始めて、制御できなくなること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうそう【暴走】

( 名 ) スル
規則を無視して乱暴に走ること。
運転する人がいなかったり、運転する人の意に反して、乗り物がひとりでに走り出すこと。 「無人電車が-する」
野球で、アウトになるような無謀な走塁をすること。
周囲の状況や他人の思惑を考えずに自分勝手に物事をおし進めること。
機械や装置が制御できない実行状態になること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐そう【暴走】

〘名〙
① むやみに乱暴にること。規則常軌を無視して走ること。
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉一「梃子が体重でグッとさがったところへすかさずピンをおしこんで暴走を食いとめるのである」
② 運転者のいない車両が走り出すこと。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉自由を求めて「国鉄電車もまた、愉しいではないか。暴走するとか、しないとか、考える必要があるだろうか」
③ 他の思惑周囲の情況を考えないで物事をむやみにおし進めていくこと。
※出発は遂に訪れず(1962)〈島尾敏雄〉「暴走しようとするもう一人の自分をなだめて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

暴走の関連情報