コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体積ひずみ計 たいせきひずみけいvolumetric strainmeter

知恵蔵の解説

体積ひずみ計

埋め込み式ひずみ計」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体積ひずみ計
たいせきひずみけい
volumetric strainmeter

地下の岩石の体積変化を通して地殻のゆがみを測定する計器。埋め込み式ひずみ計ともいう。たとえばサックス‐エバートソン式体積ひずみ計のセンサは,シリコン油を満たした直径約 11cm,長さ約 3mの金属円筒である。これを地中に埋め込んでおけば,周りの岩石の圧縮・伸張に応じて油面が昇降する。この量を変換器によって測定することにより,地殻のひずみの変化量を知ることができる。気象庁では 1976年以降,東海地域と南関東地域に観測井(深さ 50~300m)を 31ヵ所に設置して,地殻ひずみの連続観測を実施している。(→ひずみ計

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

体積ひずみ計の関連キーワード地震活動等総合監視システム地震防災対策強化地域判定会地殻変動火山観測

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android