何方様(読み)いずかたざま

  • いずかたざま いづかた‥
  • どなたさま

精選版 日本国語大辞典の解説

〘代名〙 不定称。人を表わす場合と、方角、方面を表わす場合とがある。助詞「にも」の下接する事が多い。
① どちらの人(にとっても)。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「いづかたさまにも、いとほしくこそは、ありとも、防ぐべき、人の御心、ありさまならねば」
② いずれの面(につけても)。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘六年正月「心ざまなどもめやすく、露ばかりいづかたざまにもうしろめたいかたなく、すべてさこそあらめと、人のためしにしつべき人がらなり」
〘代名〙 (「さま」は接尾語) 不定称。「どなた(何方)②」にさらに敬意を添えたもの。
※咄本・軽口露がはなし(1691)四「もうし、おまへはそんぜうどなた様にては御座らぬか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android