何方此方(読み)どちこち

  • どっちこっち

精選版 日本国語大辞典の解説

※狂歌・古今夷曲集(1666)六「どちこ地のたつきもしらぬ山中におぼつかなくもよぶ茶やのかか」
〘名〙 複数のもののうちどれか。また、いくつかあるもののうちからどれときめること。どちこち。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「唄妓仲間で取わけて、二とは下らねへ米八仇吉、どっちこっちの勝負が有てもといふ中」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android