作分(読み)サクブン

精選版 日本国語大辞典の解説

さく‐ぶん【作分】

〘名〙
① 小地、また、小作をしている者。
※高野山文書‐応永六年(1399)八月七日・相賀南庄公文弘澄請文「於向後者、自名田内作分并家風・殿原・下部等、不可年貢不法
② 工夫をこらした言い分。機転の利いた考え。作意。
咄本・百物語(1659)上「有がたき作分(サクブン)かなとをのをの感(かん)じて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android