コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作意(読み)サクイ

デジタル大辞泉の解説

さく‐い【作意】

芸術作品において、作者の制作した意図。創作上の意向・工夫。趣向。
たくらみの心。「別に作意はない」
茶事で、その人独特の自然な工夫を凝らすこと。また、その工夫。作分(さくぶん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくい【作意】

意志。たくらみ。
芸術作品における作者の意図・趣向。 「折節あはれなる-など聞ゆ/奥の細道」
機転。工夫。
茶道で、創意工夫。作分さくぶん。 〔同音語の「作為」はわざと行うこと、また、法律で意思に基づく積極的な行為のことであるが、それに対して「作意」はたくらみのこと、また、芸術作品における作者の意図をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作意の関連情報