作意(読み)さくい

精選版 日本国語大辞典「作意」の解説

さく‐い【作意】

〘名〙
詩歌または、絵画、工芸などの創作で、作者が特に意を用いるところ。趣向意匠
※東野州聞書(1455頃)一「満座作意をしらず。宗砌一人は思ひ得たりとみえし」 〔漢書‐芸文志〕
② (一般的に) 心くばりをすること。心を用いること。
浄瑠璃井筒業平河内通(1720)三「杜若の一輪にて、大事を知らする有常の作意も、和歌の威徳成」 〔張籍‐寄昭応王中丞詩〕
機転。工夫。凝った考え。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「さてもさくいの竹斎かなと、褒めぬ人こそ無かりけれ」
④ 意図。意志。はっきりした考え。
※上杉家文書‐永祿一二年(1569)二月二日・遠山康英条書「此方之人数は、自其方御作意及行事」
⑤ 茶事の上で工夫を凝らすこと。また、その工夫。珠光流茶道の秘伝書である「山上宗二記(やまのうえそうじき)」によれば、数寄者(すきしゃ)としての条件の一つ。人まねであってはならず、新しいものをよしとし、また、作為のない自然の工夫を凝らすことが重要とされた。作分(さくぶん)。〔山上宗二記(1588‐90)〕
詰将棋で、作者が意図した諸手順。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「作意」の解説

さく‐い【作意】

芸術作品において、作者の制作した意図。創作上の意向・工夫。趣向。
たくらみの心。「別に作意はない」
茶事で、その人独特の自然な工夫を凝らすこと。また、その工夫。作分さくぶん
[類語]意識的意図的計画的作為的故意未必の故意わざと殊更作為積極的能動的自発的わざわざ殊の外殊に好んでわざとらしいこと新しいあえてせっかくとりわけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android