コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作為犯 サクイハン

デジタル大辞泉の解説

さくい‐はん〔サクヰ‐〕【作為犯】

人の積極的挙動(作為)によって犯される罪。殺人罪窃盗罪など、犯罪の大部分はこれに属する。→不作為犯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくいはん【作為犯】

殺人罪や窃盗罪などのように、積極的な行為(=作為)によって成立する犯罪。現行法規の規定する犯罪の大部はこれに属する。 ⇔ 不作為犯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の作為犯の言及

【犯罪】より

…犯罪は,たとえば,ピストルを発射する,火をつけるというような〈作為〉によってなされるのが通常である。このような作為によってなされる犯罪を〈作為犯〉という。しかし,犯罪は,住居から退去しない,幼児に食物を与えないというような不作為によってなされることもある。…

※「作為犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

作為犯の関連キーワード作為・不作為不退去罪不作為