コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作為 サクイ

デジタル大辞泉の解説

さく‐い〔‐ヰ〕【作為】

[名](スル)
人が自分の意志で作り出すこと。
「我々の真摯なる要求は我々の―したものでない、自然の事実である」〈西田・善の研究〉
事実であるかのように故意に手を加えること。つくりごと。「作為の跡がみられる」「データに作為して数値を変える」
法律で、人の積極的な行為・挙動。人を殺すなど。⇔不作為

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくい【作為】

( 名 ) スル
あることに見せかけようと、わざと人の手を加え手直しをすること。ことさらに手を加えること。つくりごと。 「 -の跡が残る」 「 -を施す」
つくること。こしらえること。 「君主と人民との間を…強ひて其区別を-し/文明論之概略 諭吉
〘法〙 人の行為のうち、積極的な行為・挙動。人を殺す、金品を盗むなど。 ↔ 不作為作意(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の作為の言及

【不作為】より

…路上に倒れている病人を見捨てたまま通り過ぎるとか,立ち退きを要求されても住み慣れた住居から立ち退かないというように,現在の事実・事象に対して積極的に働きかける行動をとらず,それらの事実・事象を放置することを不作為という。外界に対して積極的に働きかける行動・挙動をいう〈作為〉とは対語をなす。…

※「作為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

作為の関連キーワード天然惚け・天然ボケ・天然ぼけランダム・サンプリングランダムサンプリングスポットチェックサンドバッキング作為・不作為アトランダム作を入れるシャッフル無作為抽出無何有の郷不作為債務異議申立てランダム化腕力相場無作為化粉飾預金ランダム代替執行下命処分

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作為の関連情報