コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い捨て/遣い捨て ツカイステ

デジタル大辞泉の解説

つかい‐すて〔つかひ‐〕【使い捨て/遣い捨て】

《「つかいずて」とも》使ったあと、修理・補給などをしないで捨ててしまうこと。また、そのように作られたもの。「―のライター

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つかいすて【使い捨て】

用が終わると捨ててしまうこと。ちょっと使っただけで捨ててしまうこと。 「 -にする」
一定の用に供されたあと、修理・つめかえなどをせずに捨てるように作られていること。 「 -の品」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

使い捨て/遣い捨ての関連キーワードジョンソン・アンド・ジョンソン[会社]ハッピーペット ボディータオルアメリカン・キャン[会社]使い捨てコンタクトレンズディスポーザブルウエアワンタイムパスワードクリエートメディック紙御襁褓・紙おむつ固定ハンドルネームレンズ付きフィルム掛け流し・掛流しアメニティグッズキッチンペーパーレンズ付フィルムサージカルマスクディスポーザブルリターナブル瓶リサイクル運動ケミカルライトペーパータオル

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android