コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い過ぎ症候群 つかいすぎしょうこうぐんoveruse syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

使い過ぎ症候群
つかいすぎしょうこうぐん
overuse syndrome

体の特定部位を使い過ぎて,その部分に痛みを感じるようになったり,障害を起すことの総称。障害の起きた体の部位と原因となるスポーツを関連づけた名前で呼ばれることが多い。おもなものに水泳肩,野球肩,野球肘 (ひじ) ,テニス肘ゴルフ肘ランナー膝 (ひざ) ,ジャンパー膝フットボール足関節などがある。原因や症状はさまざまで,専門医の診断治療が必要。特に,成長期の子供の骨は傷つきやすく,使い過ぎ症候群にかかりやすい。この時期のトレーニングでは過度の負荷をかけないよう十分な配慮が要る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone