コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い過ぎ症候群 つかいすぎしょうこうぐん overuse syndrome

1件 の用語解説(使い過ぎ症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

使い過ぎ症候群
つかいすぎしょうこうぐん
overuse syndrome

体の特定部位を使い過ぎて,その部分に痛みを感じるようになったり,障害を起すことの総称。障害の起きた体の部位と原因となるスポーツを関連づけた名前で呼ばれることが多い。おもなものに水泳肩,野球肩,野球肘 (ひじ) ,テニス肘ゴルフ肘ランナー膝 (ひざ) ,ジャンパー膝フットボール足関節などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使い過ぎ症候群の関連キーワードうっ血言い過ぎ・言過ぎ言い過ぎる・言過ぎる理過ぎて部位言過ぎる食過ぎる部位特異的組換え定部位不担保軸索反射

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone