コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野球肘 ヤキュウヒジ

デジタル大辞泉の解説

やきゅう‐ひじ〔ヤキウひぢ〕【野球肘】

野球の投球動作を繰り返すことで肘に痛みが生じる障害の総称。疲労骨折、軟骨の剥離、靭帯の損傷、の炎症などで、障害が出る部位も肘の内側(小指側)・外側(親指側)・後方(肘頭)などさまざまである。→少年野球肘

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

野球肘【やきゅうひじ】

野球の投球動作によって起こる,肘の障害。とくに関節軟骨の完成していない小児期に起こりやすく,少年野球の在り方について論議が起こるきっかけとなった。変化球の投球は肘に重い負担となるため,成長期にはさけるべきである。
→関連項目ランナーズ・ニー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やきゅうひじ【野球肘 baseball elbow】

野球の投球によるひじの痛みを野球ひじと呼んでいるが,とくに熱心に練習に励んだ人にひじの障害がみられることはよく知られており,一種の使過ぎ症候群である。一般には野球の投球による各種のひじの障害を総称しているが,そのなかの一つ離断性骨軟骨炎という関節面の一部が遊離した状態になったものをchipped elbowとかbaseball elbowと呼び,野球ひじを限定した疾患のみに用いる人もある。 野球の投球という動作は,立ち上がり期から加速期を経てフォロースルー期となる,かなり複雑で無理な運動であるが,とくに加速期ではひじの内側に引張り力が働き,内側を傷めやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野球肘の関連情報