供先(読み)トモサキ

デジタル大辞泉の解説

とも‐さき【供先】

武家の供まわりの先鋒。
「松平侯の―に粗忽で突き当って」〈漱石・野分〉
供をして行った方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ともさき【供先】

武家の供まわりの先頭。供の行列の先頭。また、その奴やつこ
供をして行った先。
[句項目] 供先を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とも‐さき【供先】

〘名〙
① 武家の供まわりの先鋒。供の行列の先頭。
※俳諧・柿表紙(1702)上「供先に兀山みゆるあつさ哉〈虎角〉」
② 供をして行った先方。
浮世草子・傾城禁短気(1711)六「供先で旦那に引けをつけぬ気で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android