コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎角 こかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎角 こかく

1539-1593 戦国-織豊時代の僧。
天文8年生まれ。浄土宗。家は代々甲斐(かい)(山梨県)武田氏の家臣。貞把(ていは)に師事し,天正(てんしょう)3年師の跡をついで下総(しもうさ)生実(おゆみ)(千葉県)の大巌寺2世となる。禅にも通じた学僧として知られ,存貞と檀林清規(しんぎ)三十三箇条をつくった。文禄(ぶんろく)2年2月4日死去。55歳。俗姓は飯田。法名は雲潮。号は穏蓮社安誉。著作に「浄土四義建立私」「六祖勘文頌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

虎角の関連キーワードエティエンヌ父子三統暦長谷川等伯長谷川久蔵シャロン論介岐阜城シク教島井宗室鳥居元忠

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone