コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎角 こかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎角 こかく

1539-1593 戦国-織豊時代の僧。
天文8年生まれ。浄土宗。家は代々甲斐(かい)(山梨県)武田氏の家臣。貞把(ていは)に師事し,天正(てんしょう)3年師の跡をついで下総(しもうさ)生実(おゆみ)(千葉県)の大巌寺2世となる。禅にも通じた学僧として知られ,存貞と檀林清規(しんぎ)三十三箇条をつくった。文禄(ぶんろく)2年2月4日死去。55歳。俗姓は飯田。法名雲潮。号は穏蓮社安誉。著作に「浄土四義建立私」「六祖勘文頌」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虎角の関連キーワード尊照霊巌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虎角の関連情報