コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依網(読み)よさみ

世界大百科事典 第2版の解説

よさみ【依網】

依羅とも記す。古代の地名。その語源は美幸網(よさちあみ)の約語とも,また砂地のことともいうが未詳。《和名抄》によると摂津国住吉郡に大(依)羅郷,河内国丹比(たじひ)郡に依羅郷があり,また三河国碧海(あおみ)郡に依納(網)郷がみえる。このうち摂津・河内の郷は,5世紀ごろ依網屯倉(みやけ)が設けられた地で,国郡は異なるが相接する地域であった。現在大阪市住吉区庭井町に大依羅神社があり,依網の地はこの地一帯に比定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android