依網(読み)よさみ

世界大百科事典 第2版の解説

依羅とも記す。古代地名。その語源は美幸(よさちあみ)の約語とも,また砂地のことともいうが未詳。《和名抄》によると摂津国住吉郡に大(依)羅河内国丹比(たじひ)郡に依羅郷があり,また三河国碧海(あおみ)郡に依納(網)郷がみえる。このうち摂津・河内の郷は,5世紀ごろ依網屯倉(みやけ)が設けられた地で,国郡は異なるが相接する地域であった。現在大阪市住吉区庭井町に大依羅神社があり,依網の地はこの地一帯に比定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

依網の関連情報