価値と資本(読み)かちとしほん(英語表記)Value and Capital

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「価値と資本」の解説

価値と資本
かちとしほん
Value and Capital

イギリスの経済学者 J.R.ヒックスの『資本と成長』『資本と時間』と並ぶ資本3部作の第1著作。 1939年刊。 1870年代から 1930年代までに展開された価値の理論および資本の理論の集大成であり,L.ワルラスや V.パレートの一般均衡理論を展開し,その基礎のうえにオーストリア学派や北欧学派の資本理論を再構成した。特に消費者理論において無差別曲線あるいは序数的効用関数に基づいてスルツキー方程式を導出し,代替財,補完財を定義し,代替の6則を指摘するなど,需要法則の解明に貢献した。さらに A.マーシャルやオーストリア学派および北欧学派の資本理論を発展させ,一時的均衡の理論を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android