コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価値と資本 かちとしほんValue and Capital

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価値と資本
かちとしほん
Value and Capital

イギリスの経済学者 J.R.ヒックスの『資本と成長』『資本と時間』と並ぶ資本3部作の第1著作。 1939年刊。 1870年代から 1930年代までに展開された価値の理論および資本の理論の集大成であり,L.ワルラスや V.パレートの一般均衡理論を展開し,その基礎のうえにオーストリア学派北欧学派資本理論を再構成した。特に消費者理論において無差別曲線あるいは序数的効用関数に基づいてスルツキー方程式を導出し,代替財,補完財を定義し,代替の6則を指摘するなど,需要法則の解明に貢献した。さらに A.マーシャルやオーストリア学派および北欧学派の資本理論を発展させ,一時的均衡の理論を確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

価値と資本の関連キーワードジョン・リチャード ヒックス経済静学・経済動学均衡理論(経済学)ローザンヌ学派代替財・補完財ロンドン学派限界代替率剰余価値率新古典学派近代経済学森嶋通夫トービン安井琢磨ジーベル伊藤誠価格予想

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android