コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代替財(読み)ダイタイザイ

世界大百科事典 第2版の解説

だいたいざい【代替財 substitutional goods】

コーヒーと紅茶,バターとマーガリンというように,ほぼ同様な目的に使用され,ほぼ同種類の満足を与えることから競合する財を,互いに代替財であるという。たとえば豚肉の値上がりが代替関係にある牛肉や鶏肉の需要を増加させるように,代替財の需要は価格変化に敏感に反応する。これに対し,コーヒーと砂糖のように同時に需要される傾向にある補完財においては,その需要は価格変化にあまり反応しない。【賀川 昭夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいたいざい【代替財】

ある財の与える価値と同様の価値を与える財。ある財と相互に代わることが可能な財。米とパンなど。競争財。 → 補完財

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android