コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本理論 しほんりろん theory of capital

1件 の用語解説(資本理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本理論
しほんりろん
theory of capital

生産された生産手段としての資本財の存在が市場経済価格理論,生産理論,分配理論に対してもつ関係を明らかにしようとする理論。労働などの本源的生産要素から区別される資本財の特色は,それが人間によって作出されたものであることで,資本にかかわる基本問題はすべてこの事実を基礎としており,マルクス経済学オーストリア学派資本理論,J.ノイマンの成長論など資本理論へのアプローチの仕方は多様である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資本理論の関連キーワード再生産再生産表式資本蓄積生産手段生産性資本の有機的構成生産資本不変資本農業固定資本(額)不変資本・可変資本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone