コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価格と生産 かかくとせいさんPrices and Production

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価格と生産
かかくとせいさん
Prices and Production

経済学者フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエクの著書で,『貨幣と景気』Geldtheorie und Konjunkturtheorie(1929)と並ぶ初期代表作の一つ。1931年,英語版とドイツ語版が公刊された。1930年代の経済学界の中心テーマの一つとして貨幣的経済理論の構築があげられるが,同書もこうした学界の状況を反映して,クヌート・ウィクセルやルートウィヒ・エドラー・フォン・ミーゼスの問題意識を継承したものとなっている。貨幣的経済理論の系譜を詳細に紹介したあとで,ハイエクは意図された貯蓄と貨幣量の変化(生産者に対する追加的な信用供与)がそれぞれ生産構造に与える効果を分析し,その理論的含意の相違を明らかにした(→貨幣的景気理論)。貨幣的経済理論に対する興味と相まって多くの読者を獲得し,ハイエクの名を高めたが,その後ジョン・メイナード・ケインズの『雇用・利子および貨幣の一般理論』The General Theory of Employment, Interest and Money(1936)の刊行によるケインズ経済学の急速な普及により,一時忘れられていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

価格と生産の関連キーワード農業者戸別所得補償制度生産要素賦存比率理論経営所得安定対策新リカード学派産業連関分析屈折需要曲線公共料金流通費用完全独占独占

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android