コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨幣的景気理論 かへいてきけいきりろん monetary theory of business cycle

2件 の用語解説(貨幣的景気理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貨幣的景気理論
かへいてきけいきりろん
monetary theory of business cycle

貨幣流量 (もっぱら銀行貨幣) すなわち貨幣表示での財需要の増減が景気交替の唯一かつ十分な原因であるとみる景気理論。すなわち貨幣表示での財需要が増大すると商況は活気を呈し,生産は増大し,物価は上昇する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貨幣的景気理論
かへいてきけいきりろん

景気循環がとくに貨幣量の変動によっておこるとする理論。信用創造が投資財部門の過度の拡張をもたらして景気循環をおこすとするハイエク説、信用創造と革新innovationとを結び付けたシュンペーター説などがその典型であるが、最近の期待(予想)と結び付いたマネタリストの説も含められよう。[一杉哲也]

ハイエク説

好況とは生産過程の深化、迂回(うかい)化であり、不況とはその短縮である。迂回化とは、より時間をかけ、より長い生産過程を通過することであるから、生産物は増大する。短縮は生産物の減少を意味する。ところで、自発的貯蓄による貨幣が投資されて、投資財生産部門が拡大して迂回化が行われると、それが自発的に行われたという意味において、迂回化した生産過程は維持される。これに対して信用創造による貨幣が投資されると、物価上昇による強制貯蓄(これまでと同じ貨幣所得を得る者は、より少ないものしか入手できず、その差は社会的に貯蓄されたことになる)が迂回化をもたらすことになる。信用創造が続く限り迂回化は進められ、好況は維持されるが、無限の信用創造は不可能である。かくて信用拡大が止まれば、この間、より多い貨幣所得を得た人々は消費水準を回復しようとして消費を増大し、投資財生産よりも消費財生産が盛んとなる結果、生産過程は短縮され、やがて生産総量は減少するに至る。これが不況である。[一杉哲也]

シュンペーター説

企業者が革新を経済に導入しようとするとき、信用創造による貨幣の投入によってこれを行う。これが好況である。革新は経済を攪乱(かくらん)して超過利潤を与えるから、次々とこれを模倣する者が現れ、革新が普及するにつれて利潤は減少し、また信用創造もやがて収縮に転じて経済は停滞する。これが不況である。このように景気循環は、信用インフレと信用デフレによって継起するとみるのがこの説である。[一杉哲也]

マネタリストの説

マネタリストは資本主義経済を、長期的には完全雇用(摩擦的失業と自発的失業を除いたもの)を達成する自律性をもつとするが、短期的には貨幣量を必要以上(以下)に供給することによってインフレ(デフレ)が発生し、景気循環がおこるとする。
 当局が需要増加のために貨幣増加率を増やしていけば、一時的には需要が増えるが、同時にインフレ率も高まり、当初は増えた供給も、やがて低下していき、結局はインフレと成長率マイナスのスタグフレーションとなる。
 経済の航跡はもちろん、多様ではある。しかしマネタリストは、景気循環を引き起こすのは主として貨幣量の伸縮であると主張するのである。[一杉哲也]
『F・A・ハイエク著、豊崎稔訳『価格と生産』(1939・高陽書院) ▽J・A・シュムペーター著、塩野谷祐一・中山伊知郎・東畑精一訳『経済発展の理論』全2冊(岩波文庫) ▽加藤寛孝著『マネタリストの日本経済論』(1982・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貨幣的景気理論の関連キーワード貨幣同盟硬貨食貨志信用貨幣正貨貨幣価値貨幣制度蓄蔵貨幣名目貨幣三菱東京UFJ銀行貨幣資料館

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone