コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価格理論 かかくりろんprice theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価格理論
かかくりろん
price theory

市場機構のもとにおける個々の経済主体行動原理,あるいは動機を明らかにし,さまざまな市場において各種の財・サービスの価格が形成されるメカニズム,さらには資源配分所得分配の原理,仕組みを明らかにしようとする経済学の一部門。経済学全体の基礎理論であり,ミクロ理論とも呼ばれる (→ミクロ経済学 ) 。経済全体の集計量に分析の焦点をあてる所得分析 (マクロ理論) と対照をなす (→国民所得理論 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の価格理論の言及

【経済学】より

…そこでは市場形態,企業組織などについて分析が行われ,一般均衡理論として集成される。ミクロ経済学はときとしては,価格理論,配分理論などと呼ばれる。これに対してマクロ経済学は,一つの国民経済ないしは市場経済全体に関する集計的な経済変量がどのようなメカニズムによって決まり,その間にどのような関係が存在するかということを考察する。…

【ミクロ経済学】より

…経済主体間の市場を通じての相互依存関係とは,生産物,生産要素の交換の関係であるから,それを分析するには交換の比率である価格の体系を分析しなければならない。したがって,ミクロ経済学はまた価格理論とも呼ばれるのである。 消費者家計は労働,土地,資本などの生産要素を供給して所得を獲得し,それをさまざまな生産物の購入のために支出する。…

※「価格理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

価格理論の関連キーワードサミュエルソン(Paul Anthony Samuelson)ロビンソン(Joan Violet Robinson)フリードマン(Milton Friedman)ジャック ハーシュライファーパオロ シロス・ラビーニ内部経済・外部経済M.P. ボアトーフィリップス曲線J.S. ベイン市場(しじょう)カール メンガーフルコスト原理グーテンベルクスティグラー経済学の理論パティンキン新古典派総合産業組織論ウィーザー新古典学派

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

価格理論の関連情報