コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資源配分 しげんはいぶん resource allocation

3件 の用語解説(資源配分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資源配分
しげんはいぶん
resource allocation

人々の欲望充足の対象となる財・サービスの生産のために,一つの国民経済が資本,技術,労働力といった経済的資源を,効率的な生産活動を行なうためにどのように組み合わせるかという問題。通常資源配分は,市場機構における価格機能を通じ行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しげんはいぶん【資源配分 allocation of resources】

資源配分とは一般に,さまざまな希少資源がなにをどのようにつくるために配分されるかということを意味するが,経済学の概念として基本的な役割を果たすものである。経済学者のなかには,たとえばロビンズLionel Charles Robbins(1898‐1984)のように,科学としての経済学の主要な課題は,資源配分の問題を解くことであるという主張をする人もいるほどである。 市場経済制度のもとでは,資源配分の問題は市場を通じて解かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資源配分
しげんはいぶん
resources allocation

生産活動に参与する経済的要素を資源とよぶが、何をどれだけ生産するために、その資源をどれだけ配分するかということ。技術選択、生産物分配とともに経済学が解決すべき基本的問題とされている。資源配分の問題は、もし資源が無限に存在するのであれば、問題にはなりえない。土地、資本、労働、石油、原料などの生産資源は有限であり、希少なものであるがために、配分の問題が生じるのである。
 資源配分の問題は、自由主義経済のもとでは市場機構を通じて解決される。すなわち、生産資源は有限であり、人々のすべての欲求を満たすことは不可能であるから、ある財・サービスに対する人々の欲求が強いにもかかわらず、その生産が少なければ、それら財・サービスの価格は上昇する。その結果、企業は生産資源を他の用途に配分するのを控え、価格の上昇している財・サービスの生産のために配分する。市場経済における情報伝達手段である価格をシグナルとして、資源は価格の低いところから高いところへと移動するのである。このような価格の資源配分機能が正常に働く市場では、効率的な資源配分が達成される。資源がむだなく配分され、したがって生産が効率的に実行されており、しかも人々の欲求が最大限に満たされるような資源配分がもっとも望ましいものである。このような配分をパレート効率的な、あるいはパレート最適な資源配分という。このような最適な配分をもたらす市場制度を研究することは、価格理論あるいはミクロ経済学の重要な課題の一つであるが、これまでの研究によると、「完全競争市場における均衡は、パレート効率的な配分を達成する」という命題が示されており、これは「厚生経済学の第一定理」とよばれている。
 しかし、独占、寡占、不完全競争市場のように、企業がある程度の市場支配力をもっているようなケースでは、価格の資源配分機能が正常に働かないため、資源が適切に利用されず、資源のむだが生じる。また、公共財や外部効果のケースでは、適切な市場が存在しないために、望ましい資源配分を達成することは困難となる。このような場合を「市場の失敗」とよび、市場の動きを補整し、資源の社会的に適正な配分を実現するには、政府の介入が必要となるのである。[内島敏之]
『都留重人訳『新版 サムエルソン 経済学』原書第11版・全2巻(1981・岩波書店) ▽奥野正寛著『ミクロ経済学入門』(日経文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資源配分の関連キーワード希少性の原理新古典派総合地位市場経済資源国資源塵百端戦略資源希少資源資源の最適配分

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資源配分の関連情報